薄毛の部分に移植する|女性のための育毛剤はランキングで選ぼう!

女性のための育毛剤はランキングで選ぼう!

男の人

薄毛の部分に移植する

頭を触る男性

人工毛と自毛がある

薄毛の治療法として薬を飲む方法がありますが、それ以外にも外科手術による方法があります。クリニックを受診することで受けられる薄毛治療の外科手術として、植毛があります。人工毛を使用する植毛であれば、合成繊維の髪の毛を頭皮に植え込むものとなります。人工毛を使わずに自分自身の残っている髪の毛を使う方法のことを、自毛植毛と呼んでおり、手術を受けられるクリニックも増えています。AGAによる薄毛であれば、側頭部や後頭部は男性ホルモンの影響を受けにくいと言われているために、残っている髪の毛を使用して薄くなっている部分に植えることが可能です。人工毛の植毛はアレルギーなどの心配が必要ですが、自毛植毛であれば拒絶反応が無い点が特徴となります。

髪を伸ばしておく

植毛の種類として自毛を活用する種類の手術を受けるときには、後頭部の髪の毛を使用しますので、あらかじめ伸ばしておく必要があります。自分自身の毛根を採取して頭皮に移植しますので、短髪だと毛根を採取する部分の手術跡が目立ってしまう可能性があります。一般的には4cm以上の長さにしておくことで、手術を受けた後であっても傷跡が目立ちにくくなると言われています。植毛の手術を行っているクリニックでは、手術の前に必ずカウンセリングを受けますので、気になる点があるときにはそのときに質問しておくことが重要です。カウンセリングに料金がかかるかどうかも事前に確認しておいたほうが良く、無料でカウンセリングが受けられるクリニックを選んだほうが費用の心配をしなくても済みます。